直島 3

a0029712_0184262.jpgベネッセハウスのあとは、本村(ほんむら)の家プロジェクトへ。

今度は、平坦な農村エリアを抜けて、本村港を目指す。本村に到着後、タバコ屋さんでチケットを買って、まずは角屋へ向かう。角屋に向かう途中、UFO襲撃に出会う。

角屋の外観は、昔ながらの蔵の風情。中に入ってみると、家のなかが池になっていて、池のなかにたくさんの数字が浮かんでいる。家の梁などを維持しているせいか、意外と家に調和していてよい。

角屋のあとは、杉本博司の護王神社へ。ふむふむ、ぼちぼちでんなぁ。

a0029712_0163040.jpg家プロジェクトで一番面白かったのは南寺。再び、ジェイムス・タレルの作品で、未体験の視覚(?)を味わえる。美しいとか美しくないとかではなく、新しい刺激が楽しい。(写真は、南寺の裏側の外観。)

南寺を出たところで、同じ宿で出会ったドイツ人のおばあちゃんに会う。今日の感想を聞くと、美術館のチケット代が高い!とのこと。たしかに、地中で2000円、ベネッセハウスで1000円、家プロジェクトで500円は、セットで割り引いてもいいよね、などと雑談。きりがないので、じゃあね!と言って別れる。

そのあと、結構有名なカフェ「まるや」(リンクはexblog)で休憩。まるやは、東京でいえばシモキタ的なゆるさがよい。この日は夜(?)にライブがあるようで、庭で準備が始まっていた。まるやを出ると、ドイツ人のおばあちゃんが、日本人のおねえさんをつかまえて、この新聞記事を見て直島に来たんだよ、という話をしていた。そしてその横では、地元のおばあちゃんが、まるやでライブをするバンドのおにいちゃん(多分)に、あんたはどっかで見たことあるねー、などと話かけていた。

直島スタンダード2の展示は、本村地区に多い。さっきのUFOなど、屋外で見れるものもあるのだが、チケットを買わないと観れない屋内作品も多い。フェリーの時間が近づくなか、チケットを買って観るかどうか迷う。結局、チケット代2000円をけちって島を散策することにして、見送った。

a0029712_0275197.jpgチャリでぶらぶらしながら、フェリーのつく宮浦港へ。宮浦港には、草間彌生のもうひとつのカボチャがある(直島スタンダード2の期間中のみ)。てんとう虫かぼちゃ。中に入ってみたかったけど、ロープが張ってあって入れなかった。

日が暮れてくると、かぼちゃの近くの作品に気がついた。白い三角コーンがたくさんあって、電気が波のようについたり消えたり。しばらくその波を眺めてから、その隣に停まっていたパン屋のワゴンでパンを買い、フェリーに乗り込む頃には、すっかり暗くなっていた。
a0029712_0331763.jpg

a0029712_039512.jpg

a0029712_042224.jpg
                (てんとう虫南瓜、考え中。)

おわり。
[PR]
by tuscanycafe | 2006-11-07 00:44 | 旅に出る | Comments(4)
Commented by so_ok at 2006-11-07 21:04
直島特集でしたね!記事を読んでいただけで、楽しかったですもの。直島スタンダード2の開催中に行けて、よかったですよね。さて、白い三角コーンたちが気になっていた私。他の作品は見て、だいたい誰のかわかるものの、こればかりは…。で、写真をよーく見てみると「NAOSHIMA STANDARD 2」の綴りをいじってるのがみえて、ひょっとしたら直島スタンダード2の広告(もしくは、その効果を狙った企画)かも、と思ったり。それで、色々検索してみたらちょこちょこ情報が出てきました。Googleで「NAOSHIMA STANDARD 2 目印」と検索して見てください。白いコーンの正体がわかりますよ。他にも、小さい発見が色々あったのですが切りがない。いつになるかわかりませんが、私も直島に行けた時に旅行記が書けるといいですね。tusさんの旅行記が卓上カレンダーから始まったように、私のはtusさんのブログから始まるかもしれませんし。(又、前置きが長い文になりそう。笑)
楽しかった分、コメントが長々となってしまいました。すみませんぬ。
Commented by tuscanycafe at 2006-11-08 00:30
so okさん、楽しんでいただけて、とても嬉しいです。 「・・・目印」で検索してみました。そうそう、白いコーンは、島を散策中に時々見かけたんですよ。(それを早く言えって?) 杉本さんの作品の近くの白いコーンは、てっぺんに双眼鏡がついてましたよ。
ところで、デヴィッド・シルヴィアンの写真をまた見ていたら、僕が歯医者で見てたのとよく似た卓上カレンダー(デ・マリアさんの作品の写真の8月)を発見しました。きっと同じシリーズですね。so okさんの直島旅行記も、いつか実現できますように。
Commented by biancobianco at 2006-11-08 00:52
美術の仕事をしている頃、直島に関係しているアーティストとは
お目にかかる機会によく恵まれてまして、同僚が直島でのイベントの企画に直島に行ったりしておりました(私は行けなかった・・・)。自分で行ってみようーと思いながらも、未だにいけずじまい。
旦那の仕事が云々というのを理由にしてないで、私もいつか行ってみよう!という気にさせてもらいました☆ありがとうございまーす。
Commented by tuscanycafe at 2006-11-09 00:26
biancoさん、是非是非行ってみて下さい。美術作品を見るためだけでなく、ああいう不便な場所に行くのは、それだけでも意味があるような気がします。特にbiancoさんのように忙しい人には・・・。早く、少し落ち着いてくるといいですねー。
<< ようやく 1 直島 2 >>