アコガレ

夏休みのある日。
ふと思い立って箱根に行った。

ロマンスカーは満席だったので、東海道線を使った。
登山列車に乗り継いで、箱根湯本からは登山バス。

バスの待ち時間があったので、川原に下りてみた。
川に足をつっこみたかったけど、バスが来そうだったのでバス停に戻った。

バス停で並んでいると、おばちゃん3人組が登場。
列に並んでいる僕らが全く目に入らないかのように、
僕の前のおねえさんの前に、自然と横入り。

するとそのおねえさんは、柔和な笑みをたたえながら、
「並んでるんですけど・・・」
とおばさんに伝えた。

するとおばさんは、
「あらっ、あなたたち並んでるの知ってたのよ。ちょっと立ち止まっただけなのよっ。」
そして、自分の連れに向かって、
「おねえさんに叱られちゃった。ここにちょっと立ち止まってたらね。」

おばさんたちの後姿を眺めながら、「おばはん、うそこけ」とつっこんだのは言うまでもないが(心の中でね)、それよりも、感心したのはこのおねえさん。素敵でした。

横入りの注意くらいなら誰でもできるけど、穏やかに微笑みながらとなるとかなりの高難度。
自分だったら、思い切り馬鹿にした態度で言ってしまいそうだ。いや、腹が立ったせいで冷静には言えないかもね。

以前にこのブログに頂いたコメントで、反対意見を言うときは「笑いが起こるような感じで」っていう表現があったのを思い出しました。そこまで行けば最高。怖いものなしだろうな。
[PR]
# by tuscanycafe | 2005-09-02 23:58 | 思う | Comments(0)