タグ:映画 ( 47 ) タグの人気記事

happy sad

最近日本に帰った時に驚いたことがひとつあった。

妻と一緒に出掛ける用事があって電車に乗った。少し混んでいたが、向かい合って離れた席が二つ空いたので、二人とも座った。途中で電車が空いてきて、僕の隣の席が空いたら、妻が隣に移ってきた。

まるで普通の光景のようだけど、僕の覚えている限り、こんなことは過去10年間になかったと思う。

時々日本には帰っているが、そういえば最近2回ほどは酷い言い争いもなかったし、家に着いたときも、妻がこちらを見て「おかえり」と言っていた。そういうことも、一緒に住んでいるときにはなかったことだ。

離れて暮らしているので衝突の機会が少ないと言えばそれまでだが、それだけではないと思いたい。ここ1年くらいは毎週彼女に電話をするようにしてきた。なぜか僕からかけることしかないのだが、それについても何も言わないことにしている。最近読んでいる本で、Inside Outという表現が出てきた。周りに変わってほしいと望むのではなく、自分が変わること。自分がコントロールできる範囲に集中すること。そうやって内側から外側に働きかけること。それがうまく行っていると思いたい。

週末に友達と旅行に行って夜にあれこれ話をした。結婚生活の話になって、お互いに愛していないのならどうして別れないのか、そんなしんどい人生でいいのか、別れる手段を探してはどうか、と聞かれ、いろいろ説明をしたが、今はそれについては聞かないでほしいと思った。今更奇跡が起こるとは期待していないが、当初の目標である良き隣人くらいにはなってきた気がするし、もしかしたらそれ以上にもなれるかもしれない。だから、そっとしておいてほしいと思う。

思春期の娘は、普段何を聴いても「うん」としか答えないが、前回帰った時に二人で話す機会があり、10分ほどだったが案外なんでも答えてくれた。読まないだろうと思いながら娘にあげた本も、いつの間にか読んでいたようで驚いた。こちらも我慢強くいこうと思う。

最近見た映画Sing Streetがすごくよかった。いいセリフもたくさんあって、僕はRaphinaの言うhappy sadで行こうと思った。

"Your problem is that you're not happy being sad. But that's what love is, Cosmo. Happy sad."



[PR]
by TuscanyCafe | 2016-09-12 22:46 | home | Comments(0)

on flight movie

飛行機で、ずっと見てなかった「ショーシャンクの空に」を観てから、「the Rewrite」(邦題はたしかRe: Lifeだけどベタすぎて嫌だ)を観た。

ショーシャンクは期待通りに良かった。アメリカ映画らしく最後は前向きなメッセージがあって、それはそれで僕は好きだった。人から裏切られたり、人の嫌な面を見せつけられたり、いろんなことはあるけど、自分の意志の力で切り拓けよ、そうすれば人生捨てたもんじゃないよ、というような。

the Rewriteは若干既視感のあるコメディだったけれど、僕はこういう作品も好きだ。結局アメリカ映画は離婚した孤独な男であふれていて、僕は離婚はしていないけれど精神的には同じことなので、この映画を見ながら自分と重ねて見てしまうところが少なくなかった。これまで映画を選ぶときは、スターの出ているハリウッド映画は避けがちだったけれど、かえってハリウッド映画には近い世界があるのかもしれない。最後に必ず希望の芽生えがあるのは、退屈と見るか、encouragingと見るか、それはそのときの気分次第かな。

そういえば、日本のTVドラマで、わたしを離さないでをやってるみたいですね。これをきっかけにあの作品の良さがもっと知られて、小説も映画も人気が出るかな。
[PR]
by TuscanyCafe | 2016-01-22 00:56 | 観る読む聴く | Comments(2)

二匹の狼

最近機内で見た映画Tomorrowlandで、こんな喩え話が出てきた。二匹の狼が戦っている。一匹は光であり希望。もう一匹は闇であり絶望。さてどちらが勝つか?

その答えは、自分が餌をやった方。

アメリカ映画らしく、二項対比で、前向きで、ウィットがあって。でもすごく説得力があると思った。

心は常に揺れている。その時々で訳もなくポジティブになったりネガティブになったりする。ずっとネガティブな気分に覆われていたのに、温かいご飯を食べた途端にポジティブな気持ちが帰ってくることもある。

睡眠をしっかりとって、体も動かすこと。そして、自分の身につけるものもちゃんと自分の好きなものを選ぶこと。意外とそういう些細なことで気分が左右されることは多い。高価じゃなくても気に入ったものを身につけていると気分もいい。でも逆に多少高価でもけちらないこと。

そしてこれは稀だけど、自分の好きな格好をしていることで始まる会話や友人関係も経験した。服装は自分という人間をを外に示すものだから、案外馬鹿にできない。

この映画にはこんなシーンもある。男の子が空を飛ぶ機械(未完成)を発明しコンテストに持ち込む。係の大人から、その機械は何の役に立つのか、と聞かれた男の子はこう答える。「だって子供がこの機械で空を飛んでいるのを見たら、大人も楽しい気分になるでしょ。」

大切なのは実際的な利便性だけではない。前向きな気持ちを生み出して維持することの価値。そして、知らない間に暗闇に餌をやり続けないこと。闇が気持ちを支配しているからといって、それが根拠のある支配だとは思わないこと。闇を追い出し光に餌をやること。

こういう気持ちの維持ができれば、それだけでもう7割方は成功と言えそうな気がする。それ自体が案外難しく工夫のいることだから。でも日常的に自分を喜ばせる工夫は、苦痛ではないはずだ。この狼の話は僕の座右の銘になるかもしれない。




[PR]
by TuscanyCafe | 2015-08-18 21:42 | 言葉 | Comments(0)

30 years

移動中にBack to the Futureを見た。あの映画の舞台は1985年で、30年前の1955年に戻る、という設定だった。今が2013年だから、あの映画の舞台からもう28年になる。映画のなかのタイムスリップとほぼ同じ時間が流れてしまった。

あの映画はたしか映画館で観た。そのときに見た30年前の世界は全く別世界で、今(当時)と連続性のある感じが全然しなかった。でも、今(現在)から見た28年前は、そこまで別物という気がしないのは、自分がそこにいたからであって、そうじゃない人にとっては、似た感覚なのかな。映画の画質もフィルムの劣化で悪くなっていたから、余計にそう思うかもしれない。(でもデジタル保存される今の映画なら、30年後も画質は綺麗。そしたらもっと近い感じがするのかな。) 

映画自体は、やっぱりよく作り込まれていて、あれを越える娯楽映画は過去28年でもあんまりないんじゃないかと思った。それともそういうふうに古いものが良く見えるのが年取った証拠なのか!?

ほかに見たのはHitchcockとMatchstick Men。でも後者は最後が時間切れで見れなかった。どちらもよかったのだけど、感想を書くほどの言葉が思いつかない。
[PR]
by tuscanycafe | 2013-04-21 22:48 | 観る読む聴く | Comments(0)

a wallflower

the perks of being a wallflowerを見た。僕がいまだにこういう年頃の作品が好きなのは、まだ何者でもない自分と向き合う話が好きなのだと思う。でもそういう意味では、もうすでに何者かになっていても、それとは関係のない自分と向き合うのであれば、同じことの気がする。midlife crisisのようなものではなく、自分の立ち位置とも関係なく、もっとニュートラルに自分と向き合うこと。
[PR]
by tuscanycafe | 2013-02-15 01:12 | 観る読む聴く | Comments(0)

夜2

ネットで夜更かししながら見つけた文章がしっくりきたのでコピー。映画Lost in Translationについて。

[quote]
I think the message is, that maybe you will never discover what the meaning of life is, and why you are on this earth, but then it’s good to at least share this feeling with someone, comfort one another, and know you are not alone with these feelings. Film critic Roger Ebert describes the film in his review: "Lost in Translation, which is sweet and sad at the same time, it is sardonic and funny. (…) Funny, how your spouse doesn't understand the bittersweet transience of life as well as a stranger encountered in a hotel bar. (…)They share something as personal as their feelings rather than something as generic as their genitals.” (中略)

The director was asked in an interview for Screenwriter's Monthly, is this movie a romance? Sofia Coppola: “Well, I think it’s romantic in feeling. It’s not really a romance. It’s, I guess, more of a friendship. But I like those kind of relationships that are sort of in between and that you do have these memorable relations with people that don’t ever become a real thing.”

On Charlie Rose in 2003, Scarlett Johansson talks about her character Charlotte, “She needs him (Bob Harris), to help her get through her midlife crisis as a 24-year-old. (…) She is going through the same thing (as Bob), and it kind of inspires her to move away from it.”
[unquote](Movies and songs 365より)

今年はそういう名前も付けられないような関係の味わい深さを実感した年だった。去年言葉にならなかった違和感は、そういう関係に型にはまった名前をつけられたことだったと思う。関係とも呼べないような関係、名前も知らない人の表情や言葉も等しく心と体に沁みることがある。
[PR]
by tuscanycafe | 2012-12-15 03:15 | 観る読む聴く | Comments(0)

lost in..

a0029712_056526.jpgずっと持っていたのに案外聴いていなかった、
Lost In Translationのサントラ。

すごくいい。夜に聴くともっといい。
今の自分の感じにすごくしっくりくる。
[PR]
by tuscanycafe | 2012-04-17 01:00 | 観る読む聴く | Comments(0)

東京 (+リンク追加)

東京に行きました。さっと行って、さっと帰って来ました。

行く前から桜を楽しみにしていたのだけど、実際に見てみると、思ったほど心が動かなかった。満開の桜の下を歩くのどかな雰囲気は好きなのだけど、桜自体で言えば、花が散ってしまった後の瑞々しい葉や、その葉が秋にまだらに色づく姿のほうが、好きかもしれない。桜は人の心に狂気をもたらす、みたいに言うけど、今回はのどかな印象だけが残った。

日本のテレビCMで、

 よく今度生まれ変わったら、って言うけれど、
 私は、今度生まれ変わる予定は、ありません。
 最初で最後の、生きている。

というフレーズがあって、すごくいいなと思った。そういう気持ちで行きたいね。CMの動画見つけたのでリンク追加しときます。

行きの飛行機で、久しぶりにウッディ・アレンの映画を観た。Midnight in Paris。パリを訪れた作家志望の主人公がタイムスリップする、という設定で、ピカソやらダリやらフィッツジェラルドやらヘミングウェイやら超豪華キャストの個性が強くて、それだけでも楽しいが、個人的には、主人公の境遇とそのストーリーに、かなり癒されるものがあった。やっぱそうだよねぇ、という感じ(笑)。 ダリの「サイが・・」というのも笑えた。

今更ながら、ダスティン・ホフマンの「卒業」を初めて見た。この映画で一番あはれを感じるのは、ロビンソン夫人。丁寧に描写されていたと思う。それに対して、娘のエレインについては、さっと流されていて、よくわからなかった。主人公ベンについては、わからんでもない。なんとなく、最後の教会のシーンばかりが強調されて、純愛映画みたいなイメージを持っていたけど、そういうのではなかったと思う。教会を去ったあとのバスのなかで、興奮が少し落ち着いてから見せた、二人の素のような表情はよかったと思う。興奮がずっと続くわけはないし、そのほうが本当っぽい。
[PR]
by tuscanycafe | 2012-04-08 00:06 | 旅に出る | Comments(0)

にてる

また機内でモテキを見てしまった。疲れてても気軽に見れるコメディというのはあるけど、軽いだけじゃなくて、案外硬派なところもあって、素朴にぐっと来たりする。主人公がもがきながら成長したりするところとか(シーンで言うと東京が流れているあたり)。そのラインで行くと、真木よう子が効いている。

で、ふと気づいたのだけど、この映画はどことなく(500)days of summerに似てるね。あの映画も、個人的に一番グッとくるのは、主人公が恋愛のどん底をきっかけに、自分の仕事を見つめなおして立て直していくところ。人との関係は大切だけど、その前に足元から、自分のやりたいこと、やるべきことをしっかりやっていこうよ、と思える。映画の冒頭で、この映画はa boy meets a girlの話だけど、love storyではない、というナレーションが流れていたけど、両方に当てはまるのかも。

というか、そもそもあのダンスシーンを考えると、元々モテキは(500)days...を意識して作っているのかも、という気もしてきた。パクリ?オマージュ?本歌取り? あっちのほうが全然お洒落で、こっちはなんだか情けない雰囲気だけど。

どっちの映画も音楽が好きだ。モテキで使われてた星野源とかN'夙川ボーイズの曲が気に入ったので、日本でアルバムをゲットしてきた。とくに星野源のばらばらを何度も聞いている。ライナーノートを読むと、あの穏やかな雰囲気とは裏腹に、彼がどん底のときに書いた曲らしい。YouTubeでコピーしか見つからないので動画は省略。その代わりに、500 days..から、好きな曲をひとつ。

そういえば、あの映画のなかで麻生久美子の「もうB'zとか聞かないからぁー。神聖かまってちゃんとか、YouTubeで聞くからぁー。」という台詞があって、かなり笑えた。昔から、B'zのファンとは分かり合えない、と秘かに思っていたのです。
[PR]
by TuscanyCafe | 2012-02-19 02:10 | 観る読む聴く | Comments(0)

妄想

南に帰って来た。とにかく暑い。温度差がありすぎる。コートとマフラーとジャケットは、成田でバッグにしまったのだけど、ジーパンはどうしようもなく。汗でまとわりついて、たまらなく気持ち悪い。

帰って来る機内で映画のモテキを観た。TVのは結構好きでよく見てたけど、恥ずかしながら、映画もすごくよかった。この話、男の妄想全開だと思うんだけど、女の子が見ても違和感ないのかな。いやたぶん、男(制作側も含めて)ってアホだなーっていう楽しみ方なのかな。

いいシーンがいくつかあって、不覚にも途中で2回ほど涙が出てしまった。しかも、つーっとまっすぐに。同じフライトに後輩が乗っていたのだけど、席が離れてて良かったー。あ、後輩じゃなくて部下だ。なおさら見られるとまずい。昔よく聞いてた曲が随所に満載で、まるで僕がベタに選曲したみたいで、しっくり来すぎた。

この映画をほめるのはちょっと照れくさいけど、実際かなり面白かった。あと、この映画の長澤まさみは、男から見て、たしかに可愛すぎる。あんな子が急に現れたら、まずいでしょう。
[PR]
by TuscanyCafe | 2011-12-28 00:28 | 観る読む聴く | Comments(0)