訪欧雑感

和食の良さは薄味で素材のよさを引き出すことで、西洋料理はもっとソースなどの装飾が多いと思うが、ファッションに関しては日本とヨーロッパでその逆になっている気がする。

どちらがいいとは言いきれないが、僕はヨーロッパに行く度に男も女もシンプルなのにお洒落だなぁと見とれてしまう。そしてお洒落がさりげなくて、力んでいないのがいい。ヨーロッパの方が和食的。

全然話は違うが、ヨーロッパのホテルとか会社とか空港ラウンジに置いてある飴が、日本の飴より美味しいと思う。おそらく日本の飴は人工甘味料を多用していたりして自然な味じゃないから、昔ながらのヨーロッパの飴が美味しく感じるのかなと思う。前に書いたオレンジジュースとも似てる。

ついでに似た話を言えば、日本の家は内装に化学素材を多用することで、微妙に安っぽく偽物感が出る。

日本は素晴らしい和食の伝統があるのだから、もっと和食的にシンプルな本物志向を追求すればよいのにと思う。



[PR]
# by TuscanyCafe | 2018-11-16 22:24 | 思う | Comments(0)

知らんかった

フジロックとサマソニ以外の日本のロックフェスに対して、根拠のない偏見をもっている。元々「皆で盛り上がっていこうぜ!」的なノリが苦手で、日本の大型フェスにはそんなバンドが溢れていそうな、そんな偏見をもっている。(偏見と認めているので許してください。)

僕は最近まで知らなかったのだけど、完全な街型フェスというか、街なかのライブハウス複数を使ったフェスが結構あるんですね。今度行くJapan's Next 渋谷Jackは好きなバンドが沢山出るし、他にもTokyo Callingというのがあるみたい。Tokyo Callingの出演バンドはよくわからないけど、マイナーなバンドが多いのなら、それはそれで面白そう(多分TVに出てくるバンドよりはいい)。

好きなものが増えてきて、色々調べ始めると、知らんかった楽しみがいっぱい見つかるもんだ。こうしてみると、東京もかなり奥深い。知らんかったコミュニティも色々あるみたいで、そういうのも面白い。


[PR]
# by TuscanyCafe | 2018-11-15 02:43 | 観る読む聴く | Comments(0)

昇華

と言いながらそれは昨日の話で、今日はLiquidroomでtoeを見てきた。いつ見ても彼らは良いので、それはもう触れない。今日は本当はNight Flowers & Homecomingsを見に行くはずだったが、日が重なってしまったので、泣く泣く手放した(泣きはしなかったが)。toeを外すわけにはいかない。今帰ってきて明日からまた出張で秋の欧州へ。

なんて表面的な事実だけを書いていると、まるでリア充の人みたいだな。実際は孤独の昇華に近い気がするが。こうでもしていないと心が壊死してしまう。

昨日の夜は娘と話していて、終わってから心が折れそうな気持ちにもなった。昔の娘の目の輝きや心の温かさはどこに行ってしまったのだろう。娘の発する言葉の一つ一つが別の人格に乗っ取られてしまったように感じる。静かに受け止めて穏やかに話してはいたが、この失望感には行き場がない。ただ、いつか思い出してもらえばいい、という思いで言葉を繋いだ。子供の頃の記憶は、体温に残ることもなく、消えてしまうのだろうか。僕の暮らしの逃げ場の無さは昨日今日に始まったことではないので、静かに受け止めて、また昇華の道を探す。そういえば、最近会った人が、理想的な生活ですねというので、違いますよ昇華ですから、と正直に言った。

でも家庭がぼろぼろのお陰で、いろんなものを探したり、いろんな場所に行ったり、いろんな人に会ったり、なんでもない瞬間に気づいたりしているので、人生の深みとしてはプラスにもなっている。でも、ただ幸せが人生の目的ならば(僕はそう思っている)、そんな深みなんて要らない気もする。

[PR]
# by TuscanyCafe | 2018-11-12 22:53 | 喜六 | Comments(0)

Deep inside, you never let this go.

原美術館でやっているLee Kitの"We used to be more sensitive."展に行った。心の奥に静かに触れるような、あるいは自然のなかで静かに目をつぶっているような、そんな気持ちになった。とてもいい展覧会だった。

インスタレーションの映像のなかに時折詩が織り込まれていた。普段の生活のなかで心に浮かんでも、自分で打ち消してしまったり、あるいは単に忘れてしまったり、そういった言葉をそっと拾ってもらったような、そんな感じがした。

いくつか写真も撮ったのですが、インスタに載せたので、知ってる方は見てみてください。


[PR]
# by TuscanyCafe | 2018-11-12 22:42 | 観る読む聴く | Comments(0)

いまさらみくしー

今では誰も話題にしなくなった(話題にしても懐かしいとしか言われない)mixiだが、改めて覗いてみると、すごくいいんじゃないのかな。他に同じ役割を果たせる場所を僕は知らないのですが、知ってたら教えて頂きたいです。

例えば、Explosions in the Skyのファンが1400人も集まっていて、EITSに似たバンドを教えてと言えば大勢の人が教えてくれる。これはヤフー知恵袋でも2ちゃんでもできない芸当だと思う。toeに至ってはファンが2万人近くもいる。僕の友達でtoeを話題にする人は一人もいないのに。

あと同じ趣味の知らない人達と集まったり(オフ会って死語?)するのに、他にもっといいツールってあるのかな。あればマジメに教えてほしい。日本のMeetupは半ば外国人用&英会話練習用みたいになってて、広がりがないし。

mixiが流行った頃、僕はもう社会人になっていて、入会は紹介制だったから、試しに入ってみることもできなかった。(周りの大人達は誰もやってなかった。) そんな(おっさんは来るな的な)感じの悪い印象しかなかったが、しばらくはここで遊べそうな気配がする。

前にやってなかったから新鮮に感じるだけで、昔やってた人にすれば何を今さらでしょうが、みんなとは逆ルートで(かつ10+年遅れで)知ったので、fbやインスタとは違う広がりと可能性を感じたのでした。mixiの経営者はちゃんとそこに訴求すればいいのに。Twomblyのファンも600人いたけど、最後の情報交換が10年前で、もう誰もいないのだろうな。勿体ない。



[PR]
# by TuscanyCafe | 2018-11-10 22:25 | 好む | Comments(0)

アイデンティティ

好きなもので自分を表現すればよいのであって、嫌いなものは放っておけばよい気もするが、実は嫌いなものの方がはっきりしている。

国立新にボナールを見に行った。展示数の多さは流石国立新で、入場料が高いだけのことはある。ただ、ボナールは昔大好きだったはずなのに、今日見ても全く心が踊らなかった。好みは移ろう。

チケット売り場で聞いていると、同時にやっている東山魁夷の方が人気がありそうだったが、僕は東山魁夷が嫌いだ。まだ風景だけなら許せるが(誰も許しを求めてないが)、白い馬が出てきた時点でもうあり得ないと思う。甘ったるいにも程がある。ボナールだって暖かいが、そこは大きく違うと思う。

東山魁夷とルノワールと宝塚。あとはホストクラブのホスト。これらを美しいと思う感覚は全く分かりません。でも最後のを同列に並べると流石に他の三つのファンの方に失礼ですね。それくらいは分かります。


[PR]
# by TuscanyCafe | 2018-11-08 19:47 | 好む | Comments(0)

進化論

Amazon MusicとJabraのワイヤレスイヤホンの組み合わせが、かなりご機嫌だ。気になったアーティストをどんどん聞けるし、ワイヤレスでペアリングが自動で楽だし、音も結構いい。

誰かが「人類の進化の歴史を考えれば、下の世代の方が上の世代よりも優秀なのは当たり前」と言っていたけど、日本の新しいアーティストの音楽を聴いていると、たしかにそう思う。昔の僕らの世代もテレビやラジオで流れないだけで、いいアーティストは沢山いたのかもしれないけど、今はインターネットとかサブスクリプションのお陰で簡単に聴けるようになった。

たとえばこのバンド。情報が古いかもしれないけど、平均19歳の滋賀のバンドと書かれてた。アルバムを聴いていると、海外のいろんなバンドが混ざっているような印象もある。ボーカルの女の子は音楽以外の仕事で就職するとのことだけど、逆にそれも新しい感じがする。
あと羊文学もよく聴いている。

[PR]
# by TuscanyCafe | 2018-11-03 23:24 | 観る読む聴く | Comments(0)