連休最後の日曜日

近所のマクドナルドの選曲がなぜか良くて、マクドっぽくない。全国的に同じなのか、地域的なものなのか、個別の店のチョイスなのか(多分それはない)分からないけど、今日はHazel EnglishとかThe Shacksとかドリーム・ポップぽかった。

窓際の桜の木が見える席で、宮下奈都が書いたピアノの調律師の話を読んでいると、目には見えない湿度や匂いや音が広がってきて、緑の空気が恋しくなり、場所を日比谷公園に移した。この小説はベストセラーになったので少し警戒したが、とても良いと思う。自然の中に身を浸すと心身が洗われる感じがするが、こういう小説も似た効果があると思った。

昔自分が気に入った本を人にあげたことが何度かある。宮下奈都のデビュー作もその一冊だが、人に好きな本をあげると、相手も気に入ってくれることを期待してしまい、反応が薄かったり皆無だったりしてがっかりするので、あまりいいプレゼントではないのだと思う。人それぞれツボが違うので、そういう期待は人に持たずに、小説のなかの人物(あるいは著者)との共感を喜ぶべきなんだと思う。

結局日比谷公園の高台で2,3時間読書をして、そのあとJANISに寄って帰った。日比谷は新しい商業ビルができて、人の流れがかなり変わったようだ。



[PR]
by TuscanyCafe | 2018-05-06 18:39 | 観る読む聴く | Comments(0)
<< 呼吸 Killer P >>