紫陽花

a0029712_23481815.jpg
娘が生まれたのは6月だった。病院に向かう道沿いの家の垣根に紫陽花が咲いていて、その後も毎年その家の紫陽花を見ては、娘の生まれた日を思い出していたが、あるとき紫陽花の木がバッサリ切られていて、かなりがっかりした。

雨の日は、木々を眺めながら深呼吸する。新緑のときのような瑞々しさが緑に戻り、下腹部から胸にかけてエネルギーが上ってくるのを感じる。

エキブロが、紫陽花と雨の日をお題に何か書けと言っているので、書いてみました。
(写真は、北鎌倉古民家ミュージアムにて。)


[PR]
by TuscanyCafe | 2018-06-23 19:40 | 暮らす | Comments(0)
<< Me and Earl and... 縮図 >>