Finlands

Finlandsを一度見てみたくて、Finlands/MOSHIMOのライブに行った。

FinlandsはPVなどで見ると他のガールズバンドとあまり違いを感じないかもしれない。ギターリフがわかりやすいし、ルックスもいいから、メインストリームでそういう売り方もできそうな感じ。でも、前にたまたま見た塩入冬湖(Vo,Gt)の話す言葉がとてもよくて、ずっと気になっていた。そして今日の演奏を見たら、少し苦手だったギターリフはあまり気にならず、時折静かに見せる狂気のようなものがすごくよくて、これからも見に来ようと思った。

音楽でも絵でも、僕はうまい人に殆ど興味が持てなくて、粗削りでもざらざらした内面がそのまま出てくるような演奏に惹かれてしまう(ギターロックのときは特に)。CDやPVではあまりそれが分からないが、今日のライブではそれが感じられて心に響いた。

中身のない言葉を話す人が苦手なのと同じで、浮ついたMCはとても苦手だ。今日のMOSHIMOがまさにそんな感じで、周りはすごく盛り上がっていたけど、僕はあの場にいて一人だけ居たたまれない気持ちになってしまった。Finlandsが出てきて、曲と曲の間で黙って楽器を調整する姿を見て、実質的でとてもいいと思った。短いMCからのHello Tonightもとても沁みた。MOSHIMOのようにノリで盛り上げる需要はちゃんとある(むしろ多い)と思うけど、求めているものが僕とは違うのだと思う。僕は音楽を自分の好きな形で楽しみたいし、ちゃんと内側にも染み込ませたい。皆で一緒に盛り上がりたいのなら盆踊りにでも行けばいい。

FinlandsのHello Tonightを貼り付けようと思ってYouTubeを漁っていたら、他のガールズバンドがたくさん出てきて、全体のレベルが昔よりも上がってるんだなぁと思った。yonigeとか全く知らなかったのにとても良かったが、すでに数百万ビューがついていて、僕が知らないだけなんだね。

Hello Tonightが見つからなかったので、代わりにオーバーナイトを。

[PR]
by TuscanyCafe | 2018-07-01 01:57 | 観る読む聴く | Comments(0)
<< the Art of Gett... タブー >>