歩く

夕方から渋谷のクアトロに行った後、由比ヶ浜に本店のある原宿の蕎麦屋へ。食べ終えてから散歩がてら表参道を歩いて半蔵門線の駅まで歩いた。この辺りは独身の頃よく来ていたが、その後は根津美術館に行くことはあっても、この参道をずっと歩くことは少なかった。最後に来たのは南の国の友人をキディランドに連れてきた3年半前か。

阿佐ヶ谷もそうだが、ケヤキ並木道は好きだ。アーチのようになって、これぞ並木道という感じがする。一人で歩くと道の勾配にも敏感でこんなふうに下って上るのだったっけと思う。道から見たお店の名前や雰囲気がシンガポールに似てるなと思った。整然とした街の雰囲気が余計にそう感じさせるのかもしれない。

この道を歩いていると僕はいろんなことを思い出してノスタルジー星人になってしまうので駄目だ。さっき蕎麦屋で隣のお客が「朝食」と言ったのが「長尺」(ゴルフクラブの話)に聞こえて、自分の耳か頭がどうかしてると思ったが、僕はそれくらいの方がいいのだと思う。ゴルフは過去や現在や未来のごたごたを忘れるのに一番いいツールなのだ。


[PR]
by TuscanyCafe | 2018-07-14 20:55 | 暮らす | Comments(0)
<< 何処で咲く 正しい日 >>