人気ブログランキング |

<   2008年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

夕方

半そでシャツと短いズボンで出てきてしまったので、クーラーの効いた店には長居できず、
公園の木陰でぼーっとする。

ぼーっとしようとしたら、蚊が次々とやってきた。これではぼーっとできないので、
まず最初に全滅させようと思い、脚にとまった蚊を順番にたたきはじめる。

最初に来た三匹は、すぐに撃退したものの、全滅に至らず、次から次へとやってくる。
20秒くらいの間に5匹くらい撃退したりして、これは記録ものじゃないのかと思ったりしたが、
その後も容赦なく蚊はやってくる。

延々と蚊退治をやっているときりがないので、無視してぼーっと空を見はじめる。
それでも蚊に血を吸われるのは癪なので、脚をゆらしながらぼーっとする。

でもずっと脚をゆらしてたら、落ち着かないので、結局、蚊退治に戻る。
1時間近くの間に、いったい何十匹退治したのか。手のひらと脚は赤黒い痕だらけに。
蟻を殺すのは罪悪感があるのに、蚊を殺すのに罪悪感を感じないのはなんでだろう。
by tuscanycafe | 2008-07-30 22:28 | 暮らす

じわっとね

芥川賞を取った楊逸さんがインタビューに答えて、「日本に来てからいろいろなことを経験して、理想と現実のはざまで挫折したこともある。でも挫折は絶対に必要だと思う」と言っているのを新聞で読んだ。なんてことのない記事なのに、じわっと来た。

そうか、今の自分の状況は、まさに「理想と現実のはざまの挫折」だな、と考えると、少し気が楽にもなった。うまく行かないと本当は知っているのに、なんとかうまく行くように、と思うからつらいのであって、もうそれは挫折と考えてしまったほうがいい。奇跡でも起こらない限り、今の状況から理想に近づくなんてできないのだから。これまでよく頑張ったほうじゃないか。それに、挫折は絶対に必要、と強く言ってもらえると、少し救われるし、前向きな気持ちに切り替えられる。これはもう無理だとして、他にどうすればいい?と。

自分でもよくわからないけど、多分そういう風な発想で、まずじわっときてから、気が楽になったのだと思う。多分。
by tuscanycafe | 2008-07-19 01:35 | 言葉

call me

ずっと好きだったNews Zeroのエンディングが、やっとYouTubeに。

 "call me" by chara @ YouTube (こっちも同じ

特に、開始から30秒くらいで始まるイントロ(?)が最高です。

<追加> ついでにもう一個、好きなのを貼り付けてまえ。
 "うちに帰ろう" by カリフラワーズ @ YouTube
by tuscanycafe | 2008-07-18 00:13 | 好む

なんのこっちゃ

もう最近いろいろと、つらいです。守るものがある人は弱いし、守るものがない(はずはないけれど、守るものを気にしない)人は、強いよなー、と思う。毎日暮らしてるのが、いやになるくらいですが、そういう時は、soak up the sunてな風情で、空を見たりするのが一番だと思う。あるいは、Steve JobsのCommencement Addressを聴くとか。なんのこっちゃ。
by tuscanycafe | 2008-07-16 23:57 | 暮らす

週末

今週末は、なんにも特別な事をしなかったけど、娘と一緒に大笑いすることがたくさんあった。
一緒にしたこと。

一緒にレジに並びながら、娘が練習中のピアノの曲を一緒に歌った。左手が僕で、右手が娘。

五味太郎の「らくがき絵本 パート2」に、一緒に絵を描いた。絵本に話をつけたり、話に絵をつけたり。海の色を塗ったり、魚屋に魚を並べたり。

バレーボールとサッカーをいっぺんにやった。体をぶんぶん、ぐるぐる振り回した。他の子と一緒にかくれんぼをした。

娘がもっと小さかった頃の話をした。果物が小さく切ってあっても数が多ければ喜んでたこととか。

24色のサインペンを色順に並べかえたり、じゃんけんでペンの取り合いゲームをしたり。クレヨンで色を混ぜてみたり。
by tuscanycafe | 2008-07-07 00:51 | 暮らす

暑い日には

外で遊ぶにはあんまり暑いので、娘と映画にでも行こうかと思う。
TVで紹介されてた香港映画「ミラクル7号」は、子供が主人公で、ドタバタで、あったかそうなので、きっと娘も喜ぶだろうな。でも、もうすぐ封切の宮崎作品「崖の上のポニョ」もかなりよさげだな。封切をまって、そっちにしようかな。そしたら明日は何する? あついぞ。
by tuscanycafe | 2008-07-06 00:34 | 観る読む聴く

hiroshige

a0029712_2354467.jpgちょっと前にドイツの本屋で見つけた和本 by Taschen。

装丁があまりにも美しくて、見とれてしまった。
手触りもいい。
日本の出版社にも、こういう遊び心が欲しいなあ。
マーケティングじゃなくて、自分が欲しい本を出す感じ。


Hiroshige: One Hundred Famous Views of Edo

by tuscanycafe | 2008-07-04 23:57 | 好む

観たいといえば

観たいといえば、前に小説を読んだ「西の魔女が死んだ」が映画化されて、よくTV等で取り上げられてますね。娘を連れて観に行こうかと暫く悩んだ結果、今のところはネガティブです。

小学生のいじめとか、人が死んだらどうなるかとか、結構重いテーマも含まれていて、それがまだ幼い彼女にどういう影響を与えるか、読みきれません。まだちょっと早いかな、というのが今の結論です。小学校高学年とか、中学生くらいがちょうどいいのかな。

自然との共生だったり、生活のリズムだったり、そういうテーマの部分は、きっといい影響がありそうな気がするんですが、残念。数年後のDVDより、映画館の方がいいんだけどなぁ。
by tuscanycafe | 2008-07-03 23:49

観たい、行きたい

エミリー・ウングワレー at 国立新 ~7/28
歩いても 歩いても at シネカノン有楽町
by tuscanycafe | 2008-07-01 23:34 | 観る読む聴く

そだてる

人を育てるには、愛情がいる(仕事の話)。だって、面倒くさいもん。その人のレベルを考えて、仕事を与えて、やらせてみて、失敗させてみて、フォローして、それからやり方を教えて・・・、時には成功させて自信をつけさせて・・・。あー面倒くさい。自分でやった方が百倍早いわい。せっかちな人間にとっては特にしんどい。まずは愛情を育てることからスタート。(育ててもらってる最中の人は、鬱陶しいなんて思わずに、喜びましょう。)
by tuscanycafe | 2008-07-01 23:24 | 働く学ぶ