人気ブログランキング |

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日々

Androidケータイを買ってから、ケータイでメールをすることが多くなった。

遠くに住む友達の微妙なニュアンスも含めて、この小さい端末に収まってるのかぁ、と思うとなにか不思議な感じがする。少し感傷的なようです。

見知らぬ異国の人の笑顔に驚くほど癒されたりする。笑顔の威力はすごいね。他人との垣根は、日本よりも低いと思う。
by tuscanycafe | 2011-06-25 23:34 | 思う

普段はもっとつまんないのも多いけどね

「あなたは芸術と音楽をこよなく愛する人です。」
「あなたの芸術的な才能が認められ、称賛の的になるでしょう。」
「近くスリリングなことが起こるでしょう。」
「楽しいことを計画してください。」
「財布は軽くなっても、心は満たされるでしょう。」

フォーチュンクッキーを心の支えにしているようじゃ、かなりやばいな。
でもこんな5連発だと支えにしたくなるよ。
by tuscanycafe | 2011-06-17 01:16 | 言葉

先生、わかりました。

僕のAndroidにフォーチュンクッキーのアプリを入れていて、一見ベタな言葉が心にしみる。


「あなたは平凡のなかに美を見つける才能を持っています。その才能を大切にしてください。」

 どうもありがとう。大切にします。


「創造性を高めるような新しい挑戦をしなさい。」

 はい、わかりました。

なんとかしないとね。
by tuscanycafe | 2011-06-15 00:51 | 言葉

low

なんか調子悪い。今週末は最低だった。衝突はしんどい。体調も悪い。体調悪いから衝突するんか。体調悪いから衝突がこたえるんか。

自転車で木陰を走るのは気持ちがいい。体のなかの空気が入れ替わる感じがする。うちの皆もそうすればいいのに、と思う。そうしたらもう少し前向きになれないのかな。ネガティブなことばっかり言ってても何もいいことないのに。

ポラリスの深呼吸をつける。こっちで買ったiPod dock付のミニコンポ、音がよくてコンパクトで気に入っている。さて、今から仕事開始。さっきから寝ている娘の咳がずっと聞こえるのがつらい。
by tuscanycafe | 2011-06-12 22:13 | 暮らす

特になし

昨日のフライトで映画を2本見た。「Letters to Juliet」と「百万円と苦虫女」。

イタリアで撮られたアメリカ映画と日本の地方で撮られた日本の映画。それぞれのエンディングが対照的で、やっぱりアメリカ映画と日本映画という感じだった。

アメリカ映画のようなエンディングの方が見ていて気分はいいし、一見希望を与えるように思えるが、実際にはそういうふうに行かない人のほうが多いわけで、かえって、百万円と苦虫女のようなエンディングのほうが希望が持てるんじゃないかとも思った。いろんなことがうまく行かなくても、実際は自分が思っているほど状況は悪くないんじゃないか、というふうに。

Letters to Julietでは、クレア役の年輩の女優がすごくいい。でも、その域にはとても達しないが、ソフィー役の女性も単純に美しかった。(どっちも名前を知らなくて、申し訳ない。) アメリカ的な美しさというのはある。

蒼井優は好きなのだが、苦虫女では、またこういう役か、という感じも否めない。既視感あり。

最近は海外から日本に来る人が少ないので、フライトは空いてていいのだが、昨日は結構混んでいた。特に、やたらとアメリカ人が多かったのはなんでだろう。乗る前に東京で買ったドラッカーの解説本は読んでいて気分がよかった(もしドラではありません)。喜びを感じながら仕事をしようということ。
by tuscanycafe | 2011-06-05 23:26 | 観る読む聴く